医学部受験で課される科目とその概要

医学部を目指すのであれば、できるだけ早く基礎固めを

そのため医学部を目指すのであれば、できるだけ早く基礎固めを行って本番で得点できるようにしましょう。
数学は暗記ではないという人がいますが、公式を覚えるなどパターン化された問題も数多く出題されるためどうしても理論が分からない場合には、暗記をしてしまうのも手だと言われています。
理科は生物と物理、化学に分かれますがその中でも特に物理を苦手としている人が多いです。
生物は暗記でも問題はありませんし、化学も単元によってはただ記憶するだけなので人によっては得点源にもなり得るのです。
とは言っても、毎年形を変えて同じような問題が出されることも少なくありませんので、とにかく過去問演習に力を入れるようにしましょう。
理科は文系の人でも得意としていることが多いので、できるだけ弱点とならないようにきちんと学習しなければなりません。
次に小論文面接試験についてですが、筆記試験には力を入れるものの2次の後期を疎かにして不合格となる人が多くいます。
そうならないためにもしっかりとした対策が必要なのですが、とにかく時事問題は正確に把握しておく必要があります。
小論文にしろ面接にしろ、時事が問われるケースが多いため日頃から新聞に目を通すことをおすすめします。
小論文の場合、課題となる文字数を埋めるためにもきちんと練習を積むようにしましょう。
面接ではコミュニケーション能力が問われますが、その他にも医学に関する質問も考えられるため事前に考えをまとめておかなければなりません。
どうしても緊張するという人は、友達や先生に模擬面接をしてもらうと良いです。

科目は年度によって異なるため、事前にしっかりと確認を国語といっても現代文はもちろんのこと古文も出題されます医学部を目指すのであれば、できるだけ早く基礎固めを

2019年医学部受験について考える – 医学部受験を考える ープロメディカ ...