探偵生活

探偵生活

探偵はカメレオンのように衣装を変えます

推理小説やミステリーアニメに登場する探偵キャラは、いわゆるシャーロック・ホームズのような姿をします。
茶色の衣装を身にまとい、頭にはホームズキャップ、口にはパイプと、いかにも探偵です、と言わんばかりの身なりです。
しかし、現実世界で活躍するプロの方々はそれとは正反対のスタイルでお仕事に勤めます。

目立つ服装は厳禁です。浮気調査や個人の素行調査が、リアルな探偵さんのメイン業務だからです。
最も多い衣装は群衆に溶け込めるスーツスタイルになります。
電車や社内、商業施設、公共施設でも、シンプルなスーツ姿とネクタイの組み合わせなら、周囲に紛れ込みやすく、ターゲットにプロの人間だとバレる事なく、尾行や素行調査が可能です。
またシチュエーションに応じて衣装を変えるのもプロの探偵の技です。
例えば、オフィス街ではなく、若者が多い街で尾行を行う際は、渋谷系やストリート系のカジュアルな衣装で仕事を行います。
学生や若者が集う場所では派手なTシャツにダメージジーンズ等、多少ラフな格好の方が返って目立ちません。
プロはカメレオンのように周辺に溶け込むため、様々な姿に変身します。

探偵は衣装の着こなしが上手

探偵といえば調査を思い浮かべると思います。そうなるともちろん現地へ赴き調査する事もあります。その際同じ衣装で調査し続ける事はほぼありません。何故ならエリアの雰囲気に合わせないといけないからです。例えば空き巣を狙う犯罪者は、周りに怪しまれないようにスーツ姿や作業服姿で下見をする事が多いのです。それ以外の衣装だと、周りの人に不審者として覚えられてしまう可能性があります。探偵も同じように服装を変えて調査します。ただ衣装をきっちり着るだけが正解ではありません。それに加え、小道具などの存在も必要不可欠です。先程のスーツ姿や作業着姿の場合、鞄や器具を持っていないといくら衣装がまともでもおかしい事になります。そのため一番重要なのは、周りに溶け込んでいて不自然でない事です。目立つ格好は調査の妨げになる事が多く、あらぬ噂をたてられる恐れが出てきます。それだけでも厳しいのに敵視されると聞き込みすらできず、調査がままならない事になります。このように探偵は気を遣う場面が多いのです。

recommend

不用品回収 横浜

Last update:2018/10/4